演出用へ渡しているだけ

通常1をひろったときのみあたりと判定するのが確変状態なら1以外2~10まで数値を拾ったときでもあたりとして判定する方法で大当たり確率を上げ、へそ2個保留がある状態で確変で大当たりした状態から打ち出してへそ2個入りへそ保留が満タンになった追加で入った保留は確変状態なら、大当たりと判定されますが、通常ははずれとされる数値を取得した保留が消化されるときに状態がどうなってるかで結果は変化。そして電チュー優先で消化させる機種なら、大当たりがどうだではなく大当たりの内容変化させる機種になります。電チューは通常時と違い突確がなくすべて出玉アリなど。

そして、大当たり判定のCPUは単に当たりはずれを決定して、その結果演出用CPUにわたして演出用のものはあたり用途はずれようと作成されてる演出から何か選び液晶奉持させているだけです。

単に演出用CPUが膨大にある演出中からその演出を選び表示されてるだけであたりに近いのでそれが出てるわけではないです。