勝ち負けが逆転する日も

パチンコ台の中にサイコロがあると思いましょう。大当たり確率300分の1なら300面体、100分の1なら100面体のサイコロ。それをパチンコの中身が一回づつ機械的に振っています。そして、そのサイコロのあたりがたまたま出たら大当たりです。そして遠隔の有無はいろいろ議論されてますが、その審議鳩もなく初心者にはこうした仕組みを理解したほうがいいです。自分がやめて大連チャンなどのとき、残念ですが、その代わり今度いつかぎゃくの立場になるかもしれません。

そうした確率のいたずらっが複数重なり、今日はたまたま負けになるのです。そしてこのかったまけたはあくまで収支上で、それ以外もし確率通り当たったらいくら勝ったかという指針がパチンコにあって、期待値と言われて、これを決めるのは千円で何度まわるかです。

雑誌やサイトにボーダーラインが出ていてそれが参考になります。これは機種やホール換金率の営業形態により変わります。しっかりチェックを。