バジリスクでの思い出

ほんとつい最近あった話なんですが、とある日、1日予定もなく暇で仕方がなかったので、久しぶりにパチンコ屋さんで1日遊ぼうと思い、全財産5万円握りしめて朝一から行きました。ミリオンゴッドや北斗の拳、ジャグラーなど、あらゆる機種や台を打ちまくって3時間ぐらいかな?で4万円も持ってかれました。そして泣きなしの一万円を握りしめ、変な汗をかきながら次の台を探しました。その店にはよく行くのですか、機種ごとにコーナーがあって、私はその行ったことのないコーナーを覗きました。すると、ほとんど満席になっている機種がありました。それがバジリスク絆でした。パチンコ仲間からバジリスクの話は聞いた事があったのですが、打った事がなかったので一万円ではなぁと思い、今回はやめてAタイプに行きました。うまくはいかず、残り5000円。そこでなぜかいくしかないとなぜか思い、バジリスク絆コーナーへ。すると、角の台が1台だけ空いてました。もう、この際0も5000円も一緒だと思い着席。やり方もよくわからず、コイン投入、レバーオン、ボタン停止。すると緑の巻物?が一発目に揃いました。ん?と思い何回か回すとバジリスクチャンスに入り、その後バジリスクタイムまで行きました。これいいんじゃね?と思いながら打ってると、バトルには勝つは、フリーズはするで気づくと6000枚になってました。絆に助けられた思い出です。それから、絆にはまっちゃいまして、今ではあの勝ち分はなくなりました。

 

何も解析をしらない状態で打つと危険なのは間違いないので、設定差のある部分とか、モードや状態の示唆演出くらいは頭にいれておきたいところです。