ルールを知っていれば安心する

どのパチンコも玉の打ちへおに入れれば回転が始まり、これはどれも一緒で、リーチのあつさに関して機種で全く違います。そして、リーチ種類が機種ごとちがい、機種別にパチンコ屋の置いてある小冊子を見るしかありません。これは大体5段階表示で書いてあります。

また、パチンコルールですが、お金をサンドに入れ貸し出しボタンを押し真ん中の穴にいれ、当たったらはこに入れ、箱がいっぱいになれば店員を呼ぶなどお店によってシステムが違い店員にきいてみるか、友人でパチンコする方がいればいっしょに行ってもしえてもらってみてください。演出のあつさはコンビニに売ってるパチンコ雑誌のお乗っていて、うち方もそうした方向に行くと、怪しい本しかないですから、注意しましょう。そして基本的ノウハウがのってる本はおそらくありません。

また釘自体それほどいじらず、簡単なのはへその上の釘をあけること。ここへ誘導しやすくなれば回転数が上がって、最近ワープゾーンみたいなステージからへそへの入賞が多い台のエンカセの影響がかなりあり、だいたいステージ奥からへそへ球が動きネカセをきつくするとおくに球がいったとき穴に落ちやすくなりますから、調整にそれほど時間をようしません。

潜伏確変には注意をする

回せないと当たらないので釘は大事ですが、釘は難しいです。そしてアタッカー周りでアタッカーに行きづらい釘は8~9個入れるのに周りにこぼれて、その分打ち玉をつ空きますから、1回2千発などの台でもじっさい1600は発しかないことも起きます。そしてスルーはこれを通過しづらい釘にされれば、確率変動中も球がどんどん減ることがあり、釘はわからなければ客付きいい店でうつなど周囲情報で判断がいいです。千円で最低18回以上まわる台しか打ちません。

そして機種により潜伏確変もあって、注意しましょう。また、乱数種類は1~10までの10種類で、7は確変のあたりで、4は通常のあたり、確変中3も確変もあたり、確変中9も通常のあたり。

そして、7を引いて大当たりを紹介。その中でへそに入った玉が乱数3を取得。このままなら大当たり終了後確変で、3は確変のあたりで処理されますが、大当たり中電チューが乱数9を取得したら、これが優先されて、7確変終了後9の通常あたりが消化され、次にへそ3が消化されますが、すでに確変状態ではなく3ははずれに。

リーチに発展させるかがだいじ

周りむらは昔からあって、ハンドル側はしょせんばね仕掛けしかなく機会によって変わり劣化もあり、当然そこも原因ですが、ほかにも色莉緒な要因があって、パチンコ玉1つ1つ重さが異なって、汚れもつきます。洗浄したら熱をもったり。そして人為的にできるところは釘、ハネ部分を意図的にいじるとむらが起きやすいようすることも可能です。

常に一定でなければならない方がかなり無理で、サイコロの出目が常に一定視しなければいけないようなもの。確率論的にある程度一定であることは可能です。また、最近釘を打てる方が少なくて、ある程度に抑えるのが難しいことをきいたことがあります。

釘よりCRはどれだけリーチ、スーパーリーチに発展するかがだいじ。パチンコ雑誌などはまり台報告はとても参考になりやすく、プレミアリーチ当たりならあたりが続きやすいです。パンクさせないようにすることが大事。あとは元が取れプラスになり確変が続かなければやめるべきでしょう。

人が変わってあたるのは偶然のこと

確変潜伏台をエナしすぐあったようなことなら別ですが、あたり・はずれはへそに入った時点で抽選にゆだねられますが、大当たり抽選周期があるとないで、タイミングよくへそに入れば大当たりを拾いやすくなるというのは聞いたことがあり、はまりだしたらでデモ出しし、周期、台の調子を変えて見る立ち回りをしてる方もよく見かけます。そして今の台の抽選方式は統一されており、2の16条の数の乱数を2秒ぐらいで回します。そして、抽選した数値が大当たり数値なら、次に100の乱数を抽選し確変か通常か振り分け、偏り、波ができにくいのはこのためで、狙い撃ちすることも不可能。

なので人が変わりすぐ当たるのは偶然で350分の1の台でも1回転目で当たることもよく見られます。そして、パチンコ台は精密機械ではなく、回転ムラはどの機種でもおきますが、原因は球を打つばねの強さが完全同一ではなく玉が真球でない・釘に球が当たる旅ちょっと動く・裏玉補充などでネカセが微妙に代わるなど。メーカーは意図し作ってることはありません。これは昔から回転ムラはありました。

定められた乱数で回っていることを知る

最近おパチンコ台のROM解析はまだですが、一般的デジパ地は定められた乱数で高速で繰り返しまわっていて、630個の乱数が1/1000秒でまわっていれば、そのうち2個の乱数を大当たりすれば、大当たり確率1/315に。そして乱数は規則正しく回っていますが、チャッカ―入賞したら乱数が大当たり乱数なら大当たり処理が始まり、画面上リーチアクション処理がされますが、確変抽選処理など行われて、大当たり処理が完了するとアタッカー開放し盤面で大当たり状態になる仕組みです。チャッカ―入賞で大当たり乱数を引いた時点で確変か単発かは決定せず、画面演出も後処理で、確変処理したなら確変画面になって、外れれば単発画面になるだけです。そして乱数をいくつかブロック分けし抽選してる機種もあって、600個の乱数4つに分けAブロック、B、C、Dグロックに分けた機種があり、それぞブロック乱数は150個で大当たり乱数あるブロックはA、B。

大当たり率は1/300で、A、ッブロックで抽選し、1/150の確立になりますが、C、Dブロック抽選なら、大当たり乱数はひかないので確率0です。

ライタープロの理論が一番

パチンコ、スロットで稼いでる友人もいて、彼の打ち方を見ればとてもストイックでドライ。だらだら弔辞カヌ津こともなく台の釘、設定などチェックはもちろん収支にとてもシビアで1日~円儲ければ辞める感じで年100万ほどもうけています。これで生活している方からすれば儲け額はすくないですが、定期預金利息よりいいです。なのでパチンコで稼ぐとき利益追求に徹する打ち方が基本で、釘の見分け方はネットや雑誌で勉強すること。

そして、個人的にスカパーのパチンおチャンネルのおおくの番組を見てようやく勝ち方に目覚められて、スカパー契約をしてみてもいいでしょう。そして、ライタープロのパチンコ理論が今一番間違いない勝ち方でしょう。そして、どうしてもパチンコは経験がものをいうという側面があって、いくら雑誌で勉強しても実際自分のお金を使って打たなければわからないことがあります。そしてそれも授業料と思って今後の実践に活用しましょう。

打てる台を探すためにも

テクニックはどの台でもそうですが無駄な玉を打たないこと。保留ランプが全灯でもずっとうってる方がいますが、無駄。保留ランプ3戸と目が基本で海物語系などランプ3.4個点灯してると協力な時短が働く台が多いですが、それを理由にランプ全灯まで打つ方が多いですが、それは間違い。無理にうって働かせる時短回転よりデジタルが1回転すること自体とても貴重で、長い目で見ればデジタル1回転の重みはパチンコはかなり大きく、あとはステージの良し悪しの回転効率に敏感になりましょう。海系の台のステージ良し悪しは、個体差があって、いぜん知り合いにおしえてもらった、スー海で強烈なであうことができました。そしてステージ止め実践。最近の台はステージへの依存度が高い台が多くステージ良し悪しは大きいです。

ボーダーを超える台しか打たないこと。越える台を探し出す事こそ一番大変で重要な作業です。回転率を上げるにはステージ西濃把握も必要。これらで初めて攻略要素が出てきます。