理論を理解して釘も見比べる

最近の台は突然確変や確変後時短、あたり柄によるラウンド数変化と計算するのが難しい機種が多くパチンコ攻略マガジンなど参照にして台のボーダーラインが何回転か確認することになります。そして、その店の換金率も考慮する材料になります。ボーダー理論を理解すると次は釘ですが、これは経験が必要で最低スタートチャッカ―部のへそ釘または命釘と呼ぶ2本釘の広い、狭いは見比べてわかるようにしなくてはならないです。

催淫は全台におなじようにみえる横並びが多く、その中に必ず台ごとの差はあって、最低ラインはへそ釘の広さの見比べから始まり、へそ釘横のジャンプ釘と呼ぶ釘の上がり具合や、より釘と呼ぶ液晶横の風車上の釘、風車自体も台の外に曲げてあるのがよく、より釘の形はいろいろありますが、スタートチャッカ―のある盤面中央に向かう玉が流れるのがいいなど、見るべき釘を知って、その違いをぜひ検証できるようにしてください。これはだいじなことです。